太陽光発電事業

太陽光発電事業

TKMデベロップメントは太陽光発電を中心に電源開発を進めてきました。

現在、環境問題や化石燃料・原子力の課題から再生可能エネルギーへの転換へ関心が高まっています。太陽光発電は自然の力を用いた安全で持続可能な”再生可能エネルギー”です。TKMデベロップメントは、地域のみなさまとの対話を最も大切にし、その土地の歴史と文化を尊重し開発に着手いたします。建設から運転開始後のメンテナンスまで、全てのプロセスに主体的に取組んでいます。
当社は、太陽光発電を主に、再生可能エネルギー事業を東北、関東及び関西エリアで展開しており、権利取得済み及び稼働中の総出力は110MWに達しています。東京電力管内においては、埼玉県における11.3MWの発電所開発プロジェクトを進め、2020年の運転開始、また関西電力管内では最大規模となる76.6MWの発電所開発プロジェクトを現在、和歌山県で推進しており2023年の運転開始を目指します。

PAGE TOP